日々の料理で、どうしてもついてしまう油汚れが気になったことはありませんか?

油汚れは頑固で掃除をしても、なかなか綺麗に取り切ることは、難しいです。

しかし、ドラッグストア等で、簡単に手にすることが出来る「重曹」を使用することで、格段にキッチンの掃除が簡単になります。

そこで、本記事では、重曹を使用したキッチンの簡単なお掃除方法を詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

重曹とは

重曹という名前を、1度は聞いたことがあると思いますが、一体どんなものかご存知でしょうか?

重曹は「炭酸水素ナトリウム」を粉末状にしたもので、掃除で使用する薬剤や、お菓子の膨らまし粉など、生活の様々なところで使用されています。

重曹は弱アルカリ性の物質で、掃除に使用すると、酸性の油汚れや皮脂などを中和するので、油汚れが多いキッチンには大変有効です。

普段のメンテナンスでは、重曹の使用でしっかりと汚れを取ることが出来ます。

 

重曹だけでキッチンを綺麗にする3ステップ

ここまでは、重曹がどういったものかご説明をしてきました。

粉末状で販売されていることが多い重曹を
一体どう使ったらキッチンが綺麗になるの?」
「実は使い方が難しいんじゃないの?」
と疑問に思うかもしれません。

しかし、重曹の使い方はすごく簡単で、ここからご紹介する3つのステップを行っていただければ、キッチンに付いた、たいていの汚れは綺麗になります。

嘘だと思われるかもしれませんが、重曹は安価で売られていることが多いので、騙されたと思って、ぜひ1度使用してみてください。

 

STEP1:シンク全体に重曹を振りかける

まずは、キッチンのシンクに重曹を振りかけましょう。

シンクの大きさに合わせて適当に振りかけてもらえれば大丈夫です。

重曹は食用でも使われることがあるので、多すぎても健康に影響が出ることはなく、弱アルカリ性のため、シンクの変色も気にする必要がありません。

 

STEP2:スポンジでこする

キッチンのシンクに重曹を振りかけたら、濡れたスポンジでこすりましょう。

固まった油汚れを中和し柔らかくするので、力も必要なく、円を描くようにくるくると全体をこすります。

重曹には研磨作用があるので、こするだけでシンクが輝きを取り戻します。

 

STEP3:水で流す

全体をこすりおわったら、しっかりと水で洗い流します。

キッチンの排水溝を重曹が含まれた水が流れることで、ぬめりを取る効果や消臭効果も期待できます。

 

重曹を直接かけられない箇所の掃除方法

安価で経済的な重曹は、粉末状であることや、研磨剤が含まれているため、直接かけられない箇所があります。

例えば、

・キッチンの壁
・床
・蛇口
・コンロ
・まな板

上記が重曹を直接かけられない箇所です。 

その箇所には、大きめのスプーン1杯分の重曹を200mlの水に溶かし、それをスプレーボトルに入れて吹きかけましょう。

あとは、シンク同様に優しくこすり、しっかりと水で洗い流すことで、汚れを除去することが出来ます。

 

自分では落とせない汚れの対処法

重曹を使用しても、どうしても取れない汚れがついてしまったら、専門業者に依頼をするタイミングかもしれません。

プロの技術と専用の洗剤・機材で、驚くほど隅々まで綺麗になります。

専門業者にクリーニングをしてもらうと、その後のお掃除が圧倒的に楽になり、掃除にかけていた時間を、好きなことに費やせるでしょう。

費用相場は2〜3時間で10,000円強となっていますが、安心感や掃除に費やしてた時間がへることを加味すると、費用対効果は高いでしょう。

 

まとめ

今回は、重曹を使ったキッチンを簡単に綺麗にする掃除方法をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

重曹は、ドラックストアやスーパー・ネット通販等で誰でも簡単に購入することができ、安価です。

掃除方法も非常に簡単なため、ぜひお試しください。

もし今回ご紹介した方法で、汚れが取れない場合は、専門業者に依頼をするタイミングかもしれません

弊社TMRでも、キッチンのクリーニングの依頼を承っています。

キッチンに気になる汚れがある方は、ぜひ1度ご相談ください。