エアコンは、部屋の空気を吸い込み循環させるため、埃や汚れが溜まりやすい家電製品になります。

溜まった汚れを放置しておくと、嫌な臭いの原因になるのに加えて、鼻炎やアレルギーなどの健康被害を引き起こす可能性があります

更に、空気循環の効率も落ちるため、電気代の上昇にも繋がりかねません。

本記事では、エアコンクリーニングが必要な理由を詳しく解説し、自分で出来る掃除方法もご紹介していきます。

是非最後までご覧ください。

 

エアコンクリーニングが必要な理由

エアコンクリーニングをしないといけない理由は、大きく分けると3つあげられます。

・電気代が上がる
・嫌な臭いが発生する。
・健康被害の可能性がある

ここからは、何故エアコンクリーニングを行わないと、このようなことが発生するのかを詳しく解説をしていきます。

 

電気代が上がる

掃除をせずにエアコンを使用していくと、フィルターや熱交換器に汚れが溜まります。

汚れが溜まると、循環効率が下がり、より多くの電力を使って冷暖房機能を行おうとします。

余分な電力を使うため電気代も高くなります。

 

嫌な臭いが発生する

エアコン内部にあるカビが蓄積されていくことで、匂いの原因になります。

フィルターのカビを取り除いても匂いが残る場合は、エアコンの奥にある熱交換機にカビが残っている可能性があります。

その場合にはフィルター掃除だけではなく、内部の掃除が必要です。

 

健康被害の可能性がある。

エアコン内部に付着したカビやほこりは、吹き出し口から空気中に含まれ部屋中に飛び散ります。

その空気を吸うことにより鼻炎やかゆみ、湿疹等様々な健康被害が起こる可能性があります

さらにアレルギー体質の方や小さな子ども、高齢者の方は、汚れた空気を吸い続けることにより、肺炎を起こす可能性も出てきます。

これらの健康被害から体を守る為にも、定期的にエアコンクリーニングをすると良いです。

 

エアコンクリーニングは自分でも出来る

自分でもエアコンクリーニングが行える箇所は、以下の部分になります

・取り外しが出来るフィルター
・エアコン本体の外側
・エアコン内部の手が届く範囲

これらの箇所は、自分で掃除することが可能です。

それ以外のエアコンの奥深くに関しては、複雑なパーツがあるため、むやみに分解したり掃除してしまうと故障のもとになります。

必ず取扱説明書を読み行うようにしましょう。

過去の記事でエアコンクリーニングを自分で行う方法をまとめています。ぜひこちらの記事もご覧ください。

簡単にできる!?本格的なエアコンクリーニングを自分でやる方法!!

 

エアコンクリーニングは専門業者に依頼することがオススメな理由

先ほど「エアコン掃除は自分でできる」とお伝えしましたが、それでもエアコンクリーニングは専門業者に依頼することをおすすめします。

その理由はこちらです。

・高いところの作業になり重労働
・時間もかかるため、育児や家事の合間に行うことは不向き。
・専門業者の方がしっかりとしたエアコンクリーニングが出来る

費用は掛かってしまいますが、エアコンクリーニングは専門業者に依頼をしたほうが、コストパフォーマンスは良いでしょう。

 

まとめ

エアコンクリーニングを行った方が良い理由をご説明しましたが、いかがでしたでしょうか?

本格的にエアコンを使う季節の前にしっかりとエアコンクリーニングをしておくことで、快適に過ごしていくことが出来ます。

自分で掃除をする場合は、様々な道具を用意していく必要もあり、取り掛かりにくさを感じてしまうと思います。

また、重労働にもなるため、自信のない方はプロの業者に相談してみると良いでしょう。

弊社TMRはエアコンクリーニングを承っております。エアコン内部の汚れが取れないとお困りの方や綺麗にしたいとお考えの方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

    氏名必須
    メールアドレス必須
    電話番号任意
    ご住所任意
    ご用件任意
    メッセージ本文必須