人工芝は、季節に左右されることなく庭に緑を取り入れることができ、メンテナンスの手間も少ないことから、近年人気が高まっています。

そのため、様々なメーカーから数多くの人工芝が販売されています。

中には、手に取りやすい価格で販売されていることもある商品です。

しかし、安い人工芝の中には、安易に購入してしまうと、景観を損ねたり、すぐに劣化してしまう商品もあります。

そこで、今回は安い人工芝を購入するときの注意点を詳しく解説していきます。

是非最後までご覧になって、人工芝の導入で後悔をしないようにしてください。

 

人工芝の価格帯

 

 

人工芝の価格帯は1500円~5000円と、実に3倍以上の差があります。

セール等で良い人工芝が安い価格で販売されている可能性がありますが、そうでなければ品質が良くない物の可能性があります。

人工芝の導入をご検討中で、気になる人工芝がある場合は、安易に購入せず、一度商品サンプルを取り寄せ質感や、強度を確かめてみると良いでしょう。

 

安い人工芝を購入するときの注意点

 

安い人工芝を購入するときの注意点は4つほどあります。

・密度が低い
・劣化しやすい
・抜けやすい
・景観を損ねやすい

それではここから、何故安い人工芝を購入してしまうと、このようなことが起こりやすいのかを詳しく解説していきます。

 

劣化しやすい

安い人工芝は、密度が低く材質も良くないことから、耐久性が低くなる可能性があります。

密度が低いと、芝葉の起立性が低くなり、すぐに芝葉が倒れてしまいます。

また材質の違いでは、変色しやすく景観を損ねる可能性が高いです。

 

抜けやすい

安い人工芝は、芝葉が抜けやすいです。

芝葉が抜けてしまうと、掃除が大変になるのに加えて、良く使う部分だけ剥げて見えることから景観を損ねます。

 

継ぎ目が目立ちやすい

劣化や芝葉の抜けで、景観を損ねる可能性の他、安い人工芝は継ぎ目が目立ちやすいです。

なぜなら、裏面の合成ゴムが固いため、カットしづらくジョイントもしづらいからです。

ジョイントをうまく行わないと継ぎ目が目立ってしまって、景観を損ねてしまいます

 

人工芝を購入する前に、するべきこと2選

 

人工芝を購入したあとに後悔しないようにするために、行うべきことを2つご紹介します。

 

商品サンプルを取り寄せる

ネット等で、気になる人工芝を見つけた場合は、商品サンプルを取り寄せるようにしましょう。

複数の人工芝を取り寄せ、実際に手に取り、芝葉の密度や長さ、素材の手触りを確かめることにより、購入した後に後悔する可能性を減らせます。

 

人工芝の施行業者に相談をする。

人工芝のことは専門業者に相談することが、後悔する可能性を減らすためには一番確実です。

どのような場所に設置をし、どんな目的で人工芝を利用するのかを専門業者に相談することで、プロの目線からアドバイスを行ってくれるでしょう。

 

まとめ

今回は、人工芝を購入し後悔することが無いよう、安い人工芝の注意点を解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

人工芝は、様々なメーカーから多数の商品が出ており、購入の際には迷ってしまうでしょう。

そんな時は、専門業者に相談をすることが一番確実です。

また、施工も専門業者で行うことで、長く綺麗な景観を保つことが出来ます。

弊社TMRでも人工芝の施工を多数行っております。

人工芝の設置をお考えの方は、是非一度ご相談ください。プロの目線で分かりやすく丁寧に対応致します。

    氏名必須
    メールアドレス必須
    電話番号任意
    ご住所任意
    ご用件任意
    メッセージ本文必須