エアコン掃除は、電気代に関係することをご存知でしょうか?

エアコンが汚れていると、本来の性能が発揮できず、エアコンの電気代は上がってしまいます。

特に夏場の暑い時期や、冬場の寒い時期にはエアコンは欠かせないため、その時期の前に掃除をした方が良いでしょう。

本記事では、エアコン掃除と電気代の関係性を詳しく解説するとともに、エアコン掃除以外でも出来る節約方法もご紹介します。

エアコンの電気代を抑えたい方は、是非参考にしてください。

 

エアコン掃除をしないと電気代が高くなる!!

エアコンの内部に汚れが溜まっていると、風力が弱くなり効きが悪くなるため、部屋が適温になるのに時間がかかります。

すると、消費する電力が上がるため、電気代が高くなってしまいます。

エアコンは、家庭の電気代の4分の1程度を占めています。

そのため、エアコン掃除を行い綺麗にしておくことが重要です。

過去の記事で、エアコン掃除の頻度についてまとめたものがありますので、是非こちらも参考にしてみてください。

エアコン掃除の頻度はどれくらいがベストか?状況別の回答もご用意

 

 

エアコン掃除以外でも出来る電気代の節約方法

エアコン掃除以外でも、エアコンにかかる電気代を節約する方法は以下の3つです。

  • サーキュレーターを使用する
  • 電源オン・オフを繰り返さない
  • 室外機の周りに物を置かない

ただし、これらはあくまでも補助的な手段であり、結局は「エアコンを定期的に掃除することが重要」であることをご理解ください。

 

サーキュレーターを使用する

サーキュレーターを使用し、エアコンから出た空気を循環させることで、エアコンの効果を実感しやすくなります。

夏場は、水平方向にサーキュレーターを使用することで、下に溜まった冷気を循環させます。

冬場は、上にサーキュレーターを向けることで、暖かい空気を循環させましょう。

 

電源オン・オフを繰り返さない

エアコンは、設定温度になるまでに最も多くの電力を消費します。

そのため、エアコンのオンオフを繰り返すことで、消費電力が上がってしまいます。

数十分の外出の場合などは、つけっぱなしにした方が節約になるでしょう。

 

室外機の周りに物を置かない

室外機の周りに物を置いたり、ゴミを溜めないようにしましょう。

ゴミなどが溜まっていると、熱交換の効率が下がり、消費電力の増加につながります

 

エアコンの掃除はした方が良い!!

エアコン掃除をした方が、電気代の節約につながります。

しかし、フィルター等の掃除は自分で簡単に行えますが、エアコンの内部の掃除は、専門業者に任せた方が確実です。

以前の記事で、エアコン掃除を専門業者に任せるタイミングをまとめたものがありますので、是非参考にしてください。

エアコンクリーニングのおすすめ頻度。掃除しても効きが悪ければ要チェック!

 

まとめ

エアコン掃除は、電気代の節約につながることをご説明しましたがいかがでしたか?

家の中で快適に過ごすために、エアコンは欠かせない物になっています。

だからこそ、こまめに掃除をしていただき、電気代を抑えて使用してください。

エアコン内部の掃除は、専門業者に依頼をすることがおすすめです。

弊社TMRでもエアコンクリーニングを承っております。是非一度ご検討ください。