人工芝メーカーの選び方。これで目的に合った人工芝が選べる!

人工芝は、手軽に緑を取り入れられるうえ、水やりや芝刈り、害虫対策などのメンテナンスが不要であり、人気のアイテムです。

しかし、現在は様々なメーカーから色々な種類が販売されているため、購入するのに迷いやすい商品でもあります。

そこで今回は、あなたが人工芝を導入するときに迷わないよう、目的にあった人工芝やメーカーの選び方を、徹底解説していきます。

 

人工芝はメーカーよりも、目的に合った種類を選ぶことが大事

結論をいうと、人工芝を選ぶ際、メーカーに大きな差はありません。

そこで大事になってくるのは、ロールマットやジョイントタイプ・芝丈・使用されている素材を、使用目的に沿って選ぶことです。

人工芝を導入する際はメーカーを重視するよりも、これから詳しく説明する「目的に合った種類を選ぶ」ことに力を入れていきましょう。

 

目的別、おすすめ人工芝の種類

上記でもお話ししたように、ここからは目的別におすすめ人工芝の種類を詳しくご紹介します。

人工芝は、大きな買い物になることが多いため、どのようにな目的で使用したいかをしっかり考えてから導入することが大切です。
メーカーを調べることも大事ですが、1番大事なのは「目的にあった商品を選ぶこと」です。

目的にしっかりとあった設置が出来れば、メンテナンスがほとんど不要で、長期間、使用できます。

この記事を参考にしていただき、あなたの目的にぴったりの人工芝を見つけてください。

 

庭・テラス・ベランダ

庭やテラス・ベランダが広い場合は、ロールタイプの人工芝が、一度に大きく設置できて便利です。

希望した長さで注文できるため、つなぎ目が少なく、見た目もきれいになります。

また、外に設置するため、耐久性の高いポリエチレン製や、密度の高いものがおすすめです。

芝丈は短い物のほうが、水はけも良く、寝転がった際のチクチク感も少なくなります。

 

保育園・幼稚園

保育園や幼稚園でも、設置時にはロールタイプの物がおすすめです。

芝丈が長い方がクッション性があり、子どもが転んでも、怪我をするリスクを減らせるでしょう。

なるべく密度の高い物を選んだほうが、芝が倒れずらくなり、子どもたちが走り回っても長期間使用できます。

 

店舗やオフィス

店舗やオフィスのちょっとしたスペースに設置する場合は、ジョイントタイプの物が良いでしょう。
小さな四角形の人工芝をつなげて設置するため、デザインや場所に合わせて気軽に設置できます。

室内に設置する場合は、靴を脱いで使用することが多いので、芝丈が長く、クッション性の高い方が、リラックス効果が高いです。

芝に入ったゴミを掃除するのは、思うより大変なため、食べこぼし・飲みこぼしには注意が必要になります。

 

パターゴルフ

パターゴルフの練習用として人工芝を設置したい場合は、実際のグリーン同様、短い芝丈がおすすめです。
加えて、設置時はつなぎ目が気になりにくい、ロールタイプの方が良いでしょう。

実際のグリーン同様に、傾斜を付ける場合は、専門業者に依頼したほうが確実です。

 

サッカー

サッカー等スポーツで使用する人工芝は、クッション性のある芝が高い物や耐久性のある密度が高い物がおすすめです。

クッション性の高い物を使用することで、怪我の回避や、疲労の軽減につながります。

芝丈が高い物は、値段が少し高くなることと、熱がこもりやすいので注意が必要です。

 

【まとめ】

以上、目的にあったおすすめ人工芝の選び方を詳しくご紹介・解説してきました。

あなたの目的にあった人工芝やメーカーの選び方はみつかりましたか?

人工芝の導入は、大きな買い物になる場合が多いです。

弊社TMRは、人工芝メーカーではありませんが、人工芝の設置・相談ができます。

丁寧にご説明いたしますので、気になった方は、是非お問い合わせください。

 

関連記事