お家の庭にあるちょっとしたスペースの活用方法や、天然芝が剥げてしまって汚くなっていることにお悩みではありませんか?

人工芝は、メンテナンスの手間も少なく、耐久性も高いことで近年人気が高まっているため、おすすめです。

自分で施工するとなると難しいように感じますが、やり方さえ間違えなければ、綺麗に設置することが可能です。

そこで本記事では、自分で人工芝を設置する方法を詳しくご紹介していきます。

自宅に人工芝を導入する際は、是非参考にしてください。

 

自分で人工芝を施工出来る場所

初めに、自分で人工芝を施工できる場所ですが、「あまりに広い場所」「入り組んだ場所」等は、避けるようにしましょう。

理由として「あまりに広い場所」は、作業前に石や雑草を取り除く必要があり、その場所を手作業で行うと、かなりの重労働となり時間もかかるため、費用対効果が薄くなります。

「入り組んだ場所」は、人工芝をカットする必要が出てくるため、綺麗にカットできなかった場合、材料が無駄になってしまいます。

このような場所に人工芝を設置する際は、専門業者に施工を依頼した方が良いでしょう。

ちょっとしたスペースや通路であれば、これからご紹介する方法で、自分で施工できます。

 

人工芝の施工方法(準備編)

それでは、人工芝を設置するために準備することをご紹介します。

 

準備するアイテム

準備が必要なアイテムはこちらになります。 

  • 人工芝
  • 防水シート(人工芝と同じ面積分)
  • スコップ
  • 接着用ボンド
  • 山砂(やまずな)
  • 珪砂(けいさ)
  • U字ピン
  • ハンマー
  • スケール
  • カッター

ホームセンターで簡単に手に入れることが出来るアイテムになるので、以上のアイテムはそろえるようにしましょう。

土を鳴らすためのトンボは、あった方が便利ですが、普段使う機会も少なく、高価なため借りれる場所があるなら借りてきましょう。

人工芝を選ぶ際には、設置する目的に応じて芝葉の長さや、密度を選ぶと良いです。 

過去の記事にて解説をしているので、参考にしてください。

人工芝の長さはどう決める?初心者でも選び方に迷わない方法を解説

 

施工場所の前準備

施工をする場所に、天然芝や雑草、石などがあればスコップを使い、綺麗に取り除きます。

雑草の根っこや、球根が残っていると人工芝の下から生えてくる可能性があるので、重労働にはなりますが、綺麗に取り除くようにしましょう。

スコップでも取り除くことは可能ですが、鋤簾(じょれん)を使うと便利です。

 

人工芝の施工方法(実践編)

それでは、人工芝の設置手順は以下の通りです。

  1. 山砂を撒く
  2. 防水シートを敷く
  3. 人工芝のサイズをカットする
  4. 人工芝を敷く
  5. 珪砂をまんべんなく撒く

以下、手順を1つずつ詳しくご紹介していきます。

 

山砂を撒く

人工芝を設置する部分に山砂を撒いていきましょう。

凹凸が出来ないように、トンボ等でならしていきます。

ならしたら、スコップやあればコテで叩いて、土を固めていきます。

 

防水シートを敷く

防水シートを敷くことで、雑草が生えてくるのを防ぎます。

防水シートが重なる部分があれば、U字ピンを1mくらいの間隔で打ち込んでいきましょう。

その後ガムテープを張り、隙間を防ぎます。

 

人工芝のサイズをカットする

人工芝を敷いていきます。

必要な大きさに、人工芝をカットしていきます。

この時にサイズをきちんと測り、計算してから着るようにしましょう。

この時少し大きめに切ることで、人工芝の長さが足りなくなることが防げます。

 

人工芝を敷く

人工芝を防水シートの上に敷いていきます。

人工芝の橋の部分や継ぎ目になる部分(ジョイント)にボンドで人工芝を張り付けます。

ジョイント部分が分からないようにくっつけるのがポイントで、おそらく初心者の方は最も苦戦する作業でしょう。

見栄えをより大事にされたい方は、ぜひ専門業者に依頼するのがおすすめです。

張り付けたのち、U字ピンを打ち込みます。

 

珪砂をまんべんなく撒く

珪砂と呼ばれる砂をまんべんなく人工芝の上に撒きましょう。

珪砂を撒くことで、人工芝がめくれるのを防いだり、芝葉の収縮を防ぐことができます。

 

人工芝を綺麗に設置できない場合は?

自分で施工してもうまくできなかったり、綺麗にならない場合は、専門業者に依頼しましょう。

特に人工芝の接着に関しては、初心者の方にとっては難しく感じるかもしれません。

1度購入した材料費はもったいないですが、もう一度自分で時間をかけてチャレンジするより、確実で費用対効果も高いです。

また、プロは専用の機材や技術をもっているため、自身でやるより綺麗に設置することが出来るでしょう。

 

まとめ

人工芝を自分で設置する施工方法をご紹介しましたがいかがでしたか?

ひとつひとつの作業を焦ること無く丁寧に行えば失敗することは少ないでしょう。

しかし、重労働になるため、体力に自信のない人は、少し大変に感じるかもしれません。

自信が無い場合や、場所的に自分での施工が難しいなとおもった場合は、専門業者に依頼をした方が、費用対効果も高く、見栄えも確実に綺麗になります。

弊社TMRでも、人工芝の設置を承っているため、ご検討中の方は、是非一度弊社までご相談ください。