トイレは、家の中でも特に汚れがたまりやすい場所です。

掃除を怠ってしまうと嫌な臭いを発し、不快な思いをする可能性が高いでしょう。

そこで、今回は除しやすいトイレの種類をご紹介します。

「毎日のトイレ掃除を少しでも楽にしたい」と思っている方にとって、有益な情報となるでしょう。

過去の記事では、トイレの簡単な掃除方法を詳しくご紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてください。

トイレ掃除の簡単な方法!!汚れの原因から予防方法まで!

 

掃除しやすいトイレの特徴5選

掃除しやすいトイレの特徴5つを詳しくご紹介していきます。

 

タンクレスタイプ

トイレには、流すためのタンクがついているものと、水道の水圧で直接水を流すタンクレスタイプのものがあります。

タンクレストイレは、タンクがついているものと比べると、掃除する箇所が少なくて済みます。

また、タンクがついていないため、タンク内部に水垢や、カビが発生しません。

 

水流

トイレの中には、水流で便器内を綺麗にできるものがあります。

便器の内部が一番汚れる場所でもあるため、流すだけで汚物がとれて綺麗になるため、擦り洗いが必要な回数が減るでしょう。

また、便器に汚れが付きにくい素材やコーティングがあらかじめされているものもあります。

 

ノズルの自動洗浄

今では当たり前となっているウォッシュレット機能ですが、水が出るノズルは、汚れがたまりやすい箇所でもあります。

また、小さな部分になるので、掃除も非常に手間です。

自動洗浄機能がついているものだと定期的に自動で洗浄されるので、掃除の回数を減らすことができます。

ノズルに自動洗浄機能がついていると、手間が少なく快適にウォッシュレットが使用できるでしょう。

 

タイルやクッションフロアの床

床の素材は、汚れをふき取りやすい素材を選びましょう。

ふき取りづらい素材だと、黄ばみや悪臭の原因となります。

タイルやクッションフロアだと、汚れを拭き掃除で簡単に汚れをふき取ることができておすすめです。

拭き掃除をしても、汚れや臭いが取れない場合は、一度専門業者に相談してみましょう。

 

抗菌・消臭機能の壁紙

壁紙も床と同様で、ふき取りやすい素材だと掃除がしやすいです。

抗菌や消臭機能を備えた素材もあるため、快適な空間を作るためにはこれらの壁紙を選ぶといいでしょう。

手を洗ったりして水がつきやすい箇所であるため、耐水性が高いものを選ぶおすすめです。

また、壁は光触媒などのコーディングを行うことによって、対策もできます。

 

まとめ

トイレは汚れがたまりやすい場所で、こびり付いた汚れは頑固で取りづらいです。

また、トイレの汚れはそのままにしておくと、異臭を放つ原因になります。

掃除する箇所も多いため、掃除しやすいトイレを選んだとしても、非常に手間がかかる場所といえるでしょう。

トイレを常に快適な空間にするためには、こまめな掃除が必要ですが、面倒に感じる方は専門業者に依頼するのがおすすめです。

専門業者であれば、隅々まで専用の機材で綺麗にするため、自分で掃除するよりも格段に綺麗になります。

1度しっかりと綺麗にしてしまえば、日ごろの掃除も楽になるでしょう。

弊社TMRでも、トイレの掃除を承っております。
トイレの臭いや汚れが気になっている方、トイレ掃除を面倒に感じている方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

    氏名必須
    メールアドレス必須
    電話番号任意
    ご住所任意
    ご用件任意
    メッセージ本文必須