暑い夏場に大活躍のエアコンですが、そのお掃除について気になる方も多いのではないでしょうか。

中には、クリーニングしなきゃいけないと思いつつ、行動に移せてない方もいるでしょう。

そこで、今回はエアコンクリーニングの必要性や、クリーニングをしなかった場合にどうなるのかを解説します。

しばらくエアコンクリーニングをしていない方や、どのようにクリーニングしたらいいのか分からない方は必読です。

 

エアコンクリーニングは必要?

結論から言うと、エアコンのクリーニングは必要です。

エアコンは、室内の空気を吸い込み、温度調節をしてから吐き出します。

その際に、室内のホコリなども吸い込んでしまうため、エアコン内部に汚れが溜まるのです。

また、エアコンが稼働している間は、エアコン内部の湿度が高くなっているため、カビが発生しやすくなっています

加えて、ホコリはカビの繁殖を促します。

つまり、長期間エアコンのクリーニングをしていない場合、エアコン内部はほこりまみれなだけでなく、カビが大繁殖している可能性もあるのです。

 

エアコンクリーニングをしないとどうなる?

それでは、エアコンのクリーニングをしなかった場合、どのようなことが起こるのでしょうか。

ここでは、大きく2つのリスクを解説します。

 

体調を崩しやすくなる

エアコン内部のホコリやカビは、ずっと内部に留まっているわけではありません。

エアコンが空気を吐き出すときに、ホコリやカビも一緒に放出される可能性があるのです。

ホコリやカビを人が吸い込むと、せきやくしゃみが出たり、ひどい場合には気管支喘息やアトピー性皮膚炎などを発症したりするおそれがあります。

 

エアコンの効率が落ちる

エアコン内部に汚れが溜まると、空気を吸い込む力や吐き出す力が低下します。

そうすると、エアコンが過度に温度調節や風量調節を行ってしまうのです。

また、エアコンは「設定温度を保つ運転」よりも「室温を設定温度にする運転」の方が電気代が高くなります。

つまり、運転効率が落ちて過度な温度調節を行うようになった結果、電気代もかさんでしまうおそれがあるのです。

以下の記事にエアコンの節約術を解説していますので、より詳しく知りたい方は、こちらの記事を参照ください。

エアコンはつけっぱなしのほうが節約になる??気になる電気代を徹底解説

 

エアコンのクリーニング方法

最後にエアコンのクリーニング方法についてです。

自身で行う場合と、専門業者にお願いした場合の2パターンについてご紹介します。

 

自分で行う

簡単な掃除であれば、自分でエアコンのクリーニングを行うことも可能です。

必要な掃除道具をそろえた上で、フィルターやカバー裏、熱交換器などを掃除しましょう。

以下の記事に自身でエアコンクリーニングを行う方法を解説していますので、気になる方はこちらも併せてご覧ください。

簡単にできる!?本格的なエアコンクリーニングを自分でやる方法!!

しかし、かなりの労力が必要であることと、やり方を間違えれば故障の原因にもなることから、自分でクリーニングを行う場合は細心の注意を払う必要があります。

またエアコンは、基本的に部屋の高い位置に設置されていることや、複雑な構造をしていることから、内部まで手が届きにくいです。

そのため、自分でエアコンのクリーニングをする場合、隅々まで掃除することは非常に難しいでしょう。

確実なエアコンクリーニングを行いたい場合は、専門業者に依頼することをおすすめします。

 

専門業者に依頼する

エアコンのクリーニングは専門業者に依頼できます。

専門の機材と高い技術力を持つ業者に依頼することで、エアコン内部の隅々まで掃除してくれます。

自分で掃除をするよりも費用はかかりますが、労力を減らせることや、確実なクリーニングが行えることから、専門業者へ依頼する方がコストパフォーマンは良いでしょう。

 

まとめ

エアコンのクリーニングをしないと、健康被害が起こったり、エアコンの効率が落ちたりしてしまいます

自分でエアコンのクリーニングをすることは可能ですが、できるのは簡単な掃除のみで、内部まで掃除することは非常に難しいです。

しかし、専門業者へ依頼することで、エアコン内部の隅々まで掃除が可能です

弊社TMRはエアコンのクリーニングも実施しています。

「長年掃除をしていなかったが、自分で掃除するには時間がない…」などエアコンクリーニングに関してお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

    氏名必須
    メールアドレス必須
    電話番号任意
    ご住所任意
    ご用件任意
    メッセージ本文必須