年中、青々とした芝を楽しめると人気の人工芝ですが、中には人工芝の導入をして後悔をした方もいます。

これから人工芝の設置を検討している方であれば、なるべく失敗は避けたいものですよね。

そこで、今回は人工芝のよくある後悔のパターンと、後悔しないための対策をご紹介します。

これから人工芝の購入をする人はもちろん、失敗の原因を知りたい方もぜひご覧ください。

 

人工芝のよくある後悔

 

人工芝の後悔は様々ですが、特に多い4つを以下に解説します。

 

綺麗に敷けなかった

DIYで人工芝を敷いた場合によくある後悔の1つです。

人工芝は設置前に、土台となる地面を整地する必要がありますが、これが不十分だと綺麗に敷けない場合があります。

また人工芝を敷く際に、芝の継ぎ目が目立ってしまい、素人感が出てしまったケースも少なくありません。

 

雑草が生えてきた

人工芝同士の継ぎ目や、壁との隙間から雑草が生えてしまったという後悔もよくあります。

特に、自分自身で人工芝を施工した場合は隙間なく防草シートや芝を設置することが難しいものです。

そのため、隙間から日光が差し込み、雑草が生えてしまうことがあります。

また、設置前の雑草の除去が甘かったことも原因の1つでしょう。

 

カビが生えてきた

人工芝の素材は、ナイロンやポリエチレン、ポリプロピレンなどが挙げられます。

このうちナイロンは、吸水性が高いためにカビが生えやすいという特徴があります。

人工芝を購入する際は、手触りだけでなく、素材も考慮して選ぶと良いでしょう。

ただし、整地が不十分で水はけが悪いと、ナイロン以外の素材でもカビが生えやすくなるため、注意が必要です。

 

季節感がない

人工芝は、秋冬であっても青々と茂っているため、違和感を感じてしまうことがあります。

特に、天然芝のような見た目を期待して購入した場合には、後悔しやすいです。

そのため、春夏だけでなく、秋冬のお庭の雰囲気とも調和する人工芝を選ぶようにしましょう。

 

人工芝で後悔しないための対策

DIYをする場合は事前によく調べる

買ってきた芝をただ敷いたり、勘で整地したりしては、先程のような後悔をする可能性が非常に高いです。

DIYで人工芝を設置する場合には、事前に設置方法をよく調べてから行動しましょう

人工芝を自分で施工する方法は、以下の記事に詳しく紹介しています。

自身で挑戦したい方や、施工方法を知りたい方はこちらをご覧ください。

【誰でもできる】人工芝を自分で施工する方法!

 

専門業者に依頼する

「人工芝のよくある後悔」の章で挙げた後悔の大半は、整地が不十分なことや、設置の技術がないことが原因です。

そのため、プロに依頼することで、これらの後悔を回避することができます

依頼することでDIYよりもコストはかかりますが、はじめにきちんと施工することで、綺麗な人工芝を長く楽しむことができるでしょう。

 

まとめ

人工芝は、自分で設置する方がコストは低いですが、綺麗に敷けなかったり、カビや雑草に悩まされることがあります。

これらは、見た目が悪いだけでなく、人工芝の耐久性も下げてしまう恐れがあります。

そのため、人工芝の設置は専門業者へ依頼し、プロの力を借りると良いでしょう。

弊社TMRでも人工芝の設置を行っております。

お客様からも非常に高い満足度をいただいておりますので、人工芝で美しいお庭造りを検討中の方は、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

    氏名必須
    メールアドレス必須
    電話番号任意
    ご住所任意
    ご用件任意
    メッセージ本文必須