夏を快適に乗り切るためには、エアコンは必要不可欠な家電です。

そんなエアコンの効きが悪くなったら、少し焦ってしまいますよね?

実は、エアコンの内部の汚れが原因かもしれません。

本記事では、エアコンで部屋が冷えない時の原因をご紹介し、汚れが原因の場合の対処方法を解説していきます。

 

エアコンが冷えない時の原因

真夏の暑い時期にエアコンが冷えないと、辛いですよね。

そんな時は、もしかしたらこれらが原因かもしれません。

  • エアコンの汚れ
  • 室外機の設置
  • 冷媒ガスの漏れ
  • エアコンの故障

業者に依頼する前に、1度ご自身で確認してみましょう。

 

エアコンの汚れ

エアコンのカバーを開けて、フィルターにほこりが詰まっていないか確認をしましょう。

フィルターに汚れが詰まっていると、冷房の効きが悪くなり、部屋が冷えません。

そのような場合は、内部にも汚れやカビが蓄積している可能性があります。

 

室外機の設置状況

室外機は、室内に暖かい空気を放出する役割を持っています。

そのため、室外機が汚れていたり、室外機の周りに物がおいてあると、エアコンの効きが悪くなります。

また、直射日光に室外機があたっていないかも確認してください。

こちらも熱が逃げづらくなるため、エアコンの効きが悪くなります。

 

冷媒ガスの漏れ

冷媒ガスとは、エアコンの配管の中に入っており、熱を運搬する役割を持っています。

これが漏れていると温度調節ができなくなり、エアコンが動いていても部屋が冷えなくなります。

エアコンの熱交換器やドレンホースに霜がついていると、ガス漏れの可能性があります。

この場合は、業者に修理の依頼をしましょう。

 

エアコンの故障

上記の症状が見当たらず、エアコンを使用しても部屋が冷えない場合は、エアコン本体の故障が考えられます。

その場合も、修理業者に依頼をしましょう。

 

エアコンの汚れで部屋が冷えない時の掃除方法

 

エアコンが汚れている場合の、掃除方法をご紹介します。

過去の記事で、自分で行えるエアコンの詳しい掃除方法をご紹介していますので、是非そちらもご覧ください。

簡単にできる!?本格的なエアコンクリーニングを自分でやる方法!!

 

フィルター

フィルターにほこりがついている場合は1度取り外し、水で擦り洗いをしましょう。

擦り洗いは優しく行い、フィルターを傷つけないように行います。

水洗いをしたらしっかりと乾燥させ再度取り付けます。

濡れた状態で取り付けてしまうと、水が落ちてきたり、カビの原因となります。

 

熱交換器

エアコン内部にある熱交換器に汚れがついている場合は、エアコン内部クリーナーを吹き付けます。

この際、エアコンの取り扱い説明書をしっかりと読み、メーカーが推奨しているエアコン内部クリーナーを使用しましょう。

 

エアコンの汚れがとれないときは専門業者に依頼しよう

上記の方法を試してもエアコンの汚れが取れないときは、専門業者に依頼するのがオススメです。

無理に自分で掃除をしてしまうと、故障の原因になります。

専門業者であれば、安全かつ確実なエアコンクリーニングをプロの技術で行えるため、一度お問い合わせをしてみてください。

 

まとめ

本記事では、エアコンで部屋が冷えないときの故障原因をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

また、原因がエアコン内部の汚れの場合の対処方法をご紹介しました。

エアコン内部に汚れがたまっている場合、部屋が冷えにくくなる以外にも、異臭がしたり、健康を損ねる原因にもなります。

自分で掃除をすることも可能ですが、内部まで確実に綺麗にするためには、専門業者に依頼をするのがオススメです。

弊社TMRでもエアコンクリーニングのご依頼を承っております。

エアコンクリーニングをご検討の方は、ご相談やお見積りのみでも大丈夫ですので、是非一度お問い合わせください。

 

    氏名必須
    メールアドレス必須
    電話番号任意
    ご住所任意
    ご用件任意
    メッセージ本文必須