エアコンクリーニングの専門業者にも繁忙期や閑散期があることをご存知でしょうか?

実は閑散期に依頼をすると、少し料金がやすくなったり、予約が取りやすいなどのメリットがあります。

反対に、繁忙期だと予約が取りづらく、料金も高いことが多いです。また、エアコンクリーニング中は使用できないため、真夏や真冬のエアコンが必須な時期のクリーニングはおすすめしません。

本記事では、エアコンクリーニングを依頼する際のベストな時期を、詳しく解説していきますので、依頼を考えている方は是非参考にしてください。

 

エアコンの使用料が多い時期いつ?

エアコンの稼働時間が最も多くなる時期は、夏であれば7〜9月、冬であれば12〜2月です。

そのため、エアコン業者もこの時期が繁忙期となります。

エアコンの内部に汚れが溜まっていると、余計な電力を消費したり、嫌な臭いが発生するもととなります。

また、健康被害のリスクも高まるため、エアコンが本格的に稼働する前に、エアコンクリーニングを専門業者に依頼すると良いでしょう。

 

エアコンクリーニング中は、エアコンは使えない

エアコンクリーニングをする際の注意点として、クリーニングの作業中、エアコンは使用できません。

お掃除機能がついていないエアコンの作業時間は、1時間から1時間半ほどで、自動お掃除機能がついているエアコンは2時間から3時間ほどの作業時間がかかります。

真夏や真冬に1時間以上エアコンが使用できないのは、辛いですよね?

そのため、作業時間中にエアコンが止まっても問題ない時期を選んで、エアコンクリーニングを依頼しましょう。

 

専門業者の繁忙期はいつ?

エアコンクリーニング専門業者の繁忙期は、6〜8月です。

この時期は、エアコンクリーニングの依頼が殺到するため、予約が取りづらくなる可能性が高いでしょう。

そのため、希望の日程で予約をすることができなかったり、何週間も先しか予約が出来ない場合があります。

この時期はエアコンクリーニングの依頼を避け、6月より前もしくは8月より後に予約を入れると良いでしょう。

 

エアコンクリーニングを頼むならこの時期

エアコンクリーニングを頼むのにオススメな時期と理由を、夏と冬に分けてそれぞれ詳しく解説をしていきます。

 

夏前(4月~5月)

真夏の本格的なエアコンの稼働に向けて、エアコンクリーニングは夏前に行っておきたいです。

しかし、6月はエアコンクリーニング専門業者の繁忙期でもあるため、避けた方が良いでしょう。

4~5月は専門業者の閑散期となるため、冬のエアコン使用で溜まった内部の汚れはこの時期に掃除してもらうことがおすすめです。

 

冬前(9月~10月)

夏場のエアコン稼働で内部に溜まってしまった汚れは、冬にエアコンが本格的に稼働する前に落としておきましょう。

9月から10月は、エアコンの使用頻度も落ちてくるため、依頼をしやすい時期です。

また、専門業者の繁忙期も終わったタイミングなので、比較的予約を取りやすいでしょう。

 

専門業者にエアコンクリーニングを頼んだ方が良い理由

エアコンの掃除は、自分で行うことも可能です。

過去の記事で、エアコン掃除を自分で行う方法を詳しくご紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

簡単にできる!?本格的なエアコンクリーニングを自分でやる方法!!

しかし、自分で掃除をするのはおすすめしません。かなりの労力が掛かるのと、やり方を間違えれば故障の原因にもなりかねないからです。

専門業者に依頼すると費用は掛かりますが、確実に内部までエアコンは綺麗になります

そのため、依頼が出来るなら、専門業者に依頼をしたほうがコストパフォーマンスは良いでしょう。

過去に、エアコンクリーニングの相場に関する記事にて、解説をしていますので、そちらも参考にしてください。

名古屋市対応のエアコンクリーニング業者おすすめ5選!各社の強みも解説

 

まとめ

エアコンクリーニングを専門業者に依頼する際、いつが最適かを本記事では解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

エアコンクリーニング業者の繁忙期は避けて閑散期に依頼をした方が、予約が取りやすく希望するタイミングで実施できるので、閑散期に依頼をするのがおすすめです

また、弊社TMRでもエアコンクリーニングの依頼を承っております。

丁寧で確実な作業を心がけておりますので、エアコンクリーニングをお考えの方は、ぜひ1度ご相談ください。

    氏名必須
    メールアドレス必須
    電話番号任意
    ご住所任意
    ご用件任意
    メッセージ本文必須